408円で買ったスキージャンプクソゲー優勝するまで寝れません【Ski Jumping Pairs-Reloaded-】プレステ2

408円で買ったスキージャンプクソゲー優勝するまで寝れません【Ski Jumping Pairs-Reloaded-】プレステ2

ファルコンとメテオの動画概要

#バカゲー#スポーツ#スキー
二人の選手が一組のスキー板を使ってジャンプするというもので、荒唐無稽な空中姿勢や動きが見どころ。インターネットのブロードバンド配信サービスでの公開によって大人気となり、世界各国の映画祭などで上映された。その後、新映像を追加したDVDが発売となり、個人製作CG作品としては異例のヒットとなった。
スキージャンプ・ペア(ペア・ジャンプ)は従来のスキージャンプ(ソロ・ジャンプ)と同じジャンプ台を使って行われる。現在のところ、公式戦はラージヒルのみ。
スキー板はソロ・ジャンプ用の板よりやや長いものに2組のビンディング(つま先を固定する金具)が取り付けられている。ペア・ジャンプでは選手が飛行中にどちらか(あるいは両方)の足を板から離す事も多いため、特別なビンディングが用いられている可能性が高いが詳細は不明。
ソロ・ジャンプと同様に飛距離点と飛型点の合計を競うが、飛型点がより重視されている。フロントジャンパー(フロント)とバックジャンパー(バック)のどちらか一人が足をスキー板に固定していれば良く、着地の際、足を固定していない選手が転倒しても減点されない(エキシビジョンなどでは二人とも両足を離す技も披露されている)。
選手の甥っ子が3歳未満であれば、これを使用しても良い。(過去大会で原田兄弟が使用し、問題となったが許可されることとなった)スキージャンプ・ペアは北海道旭川市出身の物理学者、原田敏文(1945年 – 2001年)が1994年に発表した「特殊飛行体分裂論」(通称:ランデブー理論)から生まれた。氷点下の状態における有機物の運動について述べたこの理論によれば、一人より二人でジャンプした方がより安定し、遠くへ飛ぶ事ができる。高校生ジャンパーとして活躍し始めていた原田博士の息子たちが父の研究に協力し、1998年2月14日、大倉山ジャンプ競技場で人類初の有人ペア飛行に成功した。

国際スキージャンプ連盟(FIJ、ちなみに国際スキー連盟とは何の関係もない)は、当初ペア・ジャンプを危険であるとして競技化を認めなかったが、原田一家の熱意が実って2000年には第1回ワールドカップが開かれ、2006年にはトリノオリンピッグ[1]の正式種目に採用されるまでに至る。

なお、実行委員会公式サイトの年表が部分的に映画の内容と異なるのは後述する不思議な現象の影響と思われる。
エンディング曲
music.apple.com/jp/album/in-my-room-single/1327673951
グッズ
teespring.com/stores/super-meteor

コメント

  1. ちゃふもん より:

    懐かしいゲームだぁ笑笑

  2. 高橋なおや より:

    懐かしい(笑)確かゲーム以外にも色んなジャンプを見るだけのDVDもありましたよね^ω^)

タイトルとURLをコピーしました